あなたの街のお墓・霊園お墓さがし

全国から選りすぐりの霊園をピックアップ!
あなたのご要望に合った霊園をご紹介します
東京都で検索中

096-248-8032

【年中無休】受付 9:30~20:00

お墓いろは

お墓を建てる時期
昔は 49 日迄に建てると言われて来ましたが、 今日では決まりは御座いません。
一般的には、お盆。春愁の彼岸等の節目に、百か日・1 周忌・3 回忌等故人の命日に合わせ てご建立される方もいらっしゃいます。
又、寺院にご建立する際はご住職・檀家様のご相談役にお訊ねになる事をお薦め致します。
霊園の種類
大きく分けて『公営霊園』『共同墓地』『民間 霊園』の 3 種類が有ります。
●『公営霊園』または公営墓地は、都道府県や市町村などの地方自治体によって運営される墓地のこと。
墓石建立の際は「指定業者が御座いません。」お客様のご要望にて石材店を選べます。
●『共同墓地』は、村落や町内会などの地域コミュニティにおいて昔から管理されている墓地を指すことが多く、まれに合同葬を共同墓地と呼 ぶ場合もあります。
墓石建立の際は「指定業者が御座いません。」お客様のご要望にて石材店を選べます。
●『民営霊園』は、民間の法人 ( 宗教法人また は公益法人 ) によって経営される公園墓地です。
墓石建立の際は、指定業者よりご案内があります。
お墓のサイズ
●公営霊園へ建立される際は、運営 ( 管理 ) 事務所にて墓石の規格サイズ・施工方法等をご確認頂く様になります。
●寺院へ建立される際は、ご住職・檀家様ご相談役・管理事務所にてご確認頂く様になります。
●公営霊園・寺院にてご確認される際には、弊社施工担当者がお供致しますので、お気軽にご連絡ください。
●民営霊園は、墓石の指定業者が御座いますので、指定業者にお問い合わせください。
お墓に彫る文字や 基本的には、ご自由に彫る事が出来ますが、イラストに関して
基本的には、ご自由に彫る事が出来ますが、寺院・宗派によっては決まり事が有る場合が御 座います。一度、寺院・宗派の方々へご確認される事をお薦めいたします。
お墓に彫る文字は、和型・洋型問わず『○○家』 が一般的ですが、洋型が普及した昨今では『故 人がお好きな文字・花・イラスト』等を彫る方も増えて参りました。
例)『ありがとう』『安らかに』『寂』『愛』『雅』『夢』 や『花のモチーフ』『乗り物のモチーフ』『故人の肖像画』等がございます。
お墓のパーツ
竿石 :お墓の中で一番上に置かれ、墓碑銘が刻まれるもっとも重要な部分です。
外柵 :お墓の土台の役割を果たし、隣のお墓との区切りを明確にする役割があります。
花立 :一対で墓前に花を供える際に使用します。石に円筒状の穴をあけ、そこにステンレス製の花筒を入れるのが一般的です。
水鉢 :故人様に水を供えます。現在は装飾的に用いられることが多く、香炉の天井に窪みを作って水鉢とした香炉一体型もあります。
香炉 :墓前で線香をお供えする物です。地域によって「お線香を寝かせる形」「立てる形」があります。線香を立てるタイプのものは 「香立」と呼ばれます。
墓誌 :お墓に祀られている方の、戒名や俗名、没年月日、享年などを記載する物です。その他には納骨者の氏名等を記載します。墓誌がない場合は、墓石の側面や背面に記載する場合もございます。
灯篭 :元々は灯火によって、不浄を祓う意味合いや故人を供養するために使用致しました。が、現在では装飾的な意味合いで供えられます。
石材の見分け方
お墓に使用される石材は、産地や種類によってそれぞれ違いがございます。
科学的な数値としては、吸水率や見かけ比重、圧縮強度があります。特に水の浸食を数値化した、 吸水率が重要視されます。吸水率が低い石材ほど、経年劣化を防ぐと考えられます。 一般的には墓石に使用する石材は、吸水率が 低めの石種です。弊社がお取扱いする石材は、この様な、墓石に適した石材を使用しています。
墓地の選び方
先程の『公営霊園』『共同墓地』『民間霊園』で申し上げましたが、運営母体で特色がございます。
●『公営霊園』は、民営霊園に比べ墓地と維持管 理費等が安く購入出来ます。しかし、人気の有る『公営霊園』は年に 1 回か 2 回の抽選にて公募を行いますので、当選する事が難しい状況です。
●『共同墓地』は、各地域の昔ながらのコミュニ ティーで形成され、墓地を所有される方々が共同で管理する墓地です。 現在は新しく開発・募集している墓地が殆ど無い状況です。
●『民営霊園』は、民間の法人 ( 宗教法人または 公益法人 ) によって経営される墓地で、公営霊園に比べて高く、指定石材制度を導入し墓石を建てられる業者が決まっています。指定石材同士で取り決めを行い、価格協定を結んでいる場合が多く有ります。
墓地の購入までにお時間がある際は、是非とも現地へ赴き、霊園をご確認される事を強くお勧めいたします。
具体的には、管理施設 ( 法要が出来るか?) や駐車場の広さ、交通の便、掃除 ( 草むしり・お盆 お彼岸後の清掃 )、水捌けの状況などをご確認されると安心です。
永代使用料
永代使用権を得るためにお寺などの墓地経営者に支払われる価格の事を指します。 同じ区画面積であっても、角地は高くなっていることが多く、また東西などの向きによっても金額が異なる場合がございます。
永代使用権
墓地の区画を使用する権利の事を指します。一般的な不動産の所有権とは異なり、墓地の場合はあくまでも使用権であるため注意が必要です。
基本的に承継者がいる限り、墓所の使用権は代々受け継ぐことが出来ますが、一部には期限付の使用権となるところがあります。
お墓の税金
お墓を取得する場合と、お墓を持っている場合の税金について不動産所得税についても、固定資産税・都市計画税についても、一切課税されません。そもそもお墓の権利は、所有権を取得するのではなくて使用権を取得するにすぎないからです。
墓地の経営主体は、制限されていますが、墓地を経営した場合で使用権ではなく墓地の所有権を持っていたとしても、こちらの税金はかからないことになっています。
その他の税金
お墓の権利は自由に譲渡したり処分したりできません。仮にお墓の権利の譲渡を認めてもらった場合でも、お墓の権利は所有権ではなくて使用権ですから譲渡所得税はかかりません。
次に相続税ですが、お墓の使用権が相続された場合、これも課税されません。
消費税については、埋墓料や火葬料には消費税はかかりませんが、墓石の購入や外柵工事代金などには消費税がかかります。
お墓の永代使用権については、土地の使用料ですから、やはり非課税となります。
以上のように、お墓に関する税金は、消費税以外は非課税となります。
耐震工事に関して
お墓は重いのでそう簡単には倒れないと考えら れていますが、先の東日本大震災や新潟中越地震等で、多大なる被害を被りました。
一度倒壊したお墓の再建は非常に難しく、新しく新規にご建立された方が費用的に安くなる場合が多く見受けられます。
地震対策には、『免震工事』・『耐震工事』があります。弊社では、免震工事と耐震工事を合わせて行います。
具体的には、石材同士の組み合せには『高性能免震樹脂接着剤』を使用し、外柵と土台との組み合わせには金属製金具を使用して確実に固定いたします。
お墓参りに関して
先ずは、お墓の周囲の草むしりを行い、落ち葉やゴミが落ちていたら拾うか、掃き掃除をします。
その後、固く水を絞ったタオルでお墓本体を磨き上げていきます。
よく、お墓の上部などから水をかける人がいますが、それはご先祖様にとって「冷や水を浴びる」ことと同じ意味になるのでよくありません。
墓石が痛まないようにするためにも、お墓に水をかけるのは避けましょう。
全体がキレイになりましたら、供花をし、束のままのお線香に火をつけます。煙をまとめて焚くことで、供養されていない無縁仏が近寄りにくくなるとされています。
ご自分の家のご先祖様のお墓から、関係の無い浮遊霊を追い払うようなイメージで火を灯してください。お線香を立てましたら、気持ちを込めてお墓に手を合わせ、ご先祖様に対する感謝の気持ちを伝えましょう。最後には、一礼を忘れずに。
帰るときはゴミなどを片付けて帰りましょう。バケツに残った水は、お墓の周りに撒いたりしないようにします。お墓の風化を早めてしまいます。
また、故人様が生前に好物だった食べ物などをお供えとして持参する事がありますが、お参りの後は持ち帰って食してもかまいません。

文章提供:(株)やまと石材

会員登録